授業記録「Digital Phenakistoscope」

授業名:「デジタルアート演習Ⅱ」清泉女学院大学 秋期講義 / 講師:林 英恵


テーマ:自分の名前1文字を直線または曲線のみで構成し、デジタル版フェナキスティスコープを制作
制作時間:180分 / 使用ソフト:Photoshop

フェナキスティスコープとは、ベルギーのジョエセフ・プラトーが1831年に考案した視覚の残像を利用した映像玩具である。日本では驚き盤と呼ばれる。円の中心に向かって12コマほど連続する絵を描き、各コマの間にスリット(細い切れ込み)を入れ、絵を描いた裏面は黒く塗る。裏面のスリットから鏡に写った絵を見る姿勢で、円盤を回転させると絵が動いて見える。円盤状のため終わりのないループするアニメーションを楽しむことができる。

Demonstration of the use of the phenakistiscope.

Demonstration of the use of the phenakistiscope.


「学生作品」
minemura_odo
「カクテルグラスなY」峯村優子

kojima_odo
「おっちょこちょいなK」小島春香

shimizu-m_odo
「顔文字なM」清水真帆

tanaka
「ぐにゃぐにゃ滑り台なA」田中咲希

kobayashi_odo
「変幻自在なH」小林春菜

niiya_odo
「植物なY」新谷友里

takei_odo
「落下TシャツなT」武井伶

onuma_odo
「DなO」小沼日菜子

hattori_odo
「ハートなM」服部美紅

shimizu_odo
「側転をしているようなK」清水佳純

matsumoto_odo
「不安定なN」松本望

Arai_odo
「Twinkle_Twinkle_Little_StarなA」荒井涼花